シェアハウスは学びの場

シェアハウスの人気がどんどん高まっているようです。首都圏では社員寮として使っていた建物をシェアハウスにして貸し出すケースが増えています。女性専用のシェアハウス、猫と暮らせるシェアハウス、楽器を演奏できる部屋のあるシェアハウスなど管理会社もさまざまななタイプのシェアハウスを作っているようですね。しかし、そもそも何故シェアハウスの人気が高まっているのでしょうか?

某テレビ番組の影響もあるのかもしれませんが、やはりそれだけ他の人との関わりを通して人生を楽しみたい、学びたいという願いを持つ人が多いということの表れといえるのではないでしょうか?確かに1人暮らしは誰にも気兼ねなく、自分のしたいように生活できます。でも、自分を成長させることができるのは、やはり1人でいるときよりも、他の人との関わりを通してではないでしょうか。シェアハウスでは今まで接したことの無い人や自分とは全く違う物の見方をする人と知り合う機会があります。皆さんもシェアハウスを通して見方を広げてみませんか。