IT業界で用いられる言葉とは

暗闇の部屋とウェブの迷路

IT業界で使われる用語には、普段ではあまり使わない言葉が多く出てきます。今回はIT業界用語について考えてみましょう。

 

良く使われるIT業界用語にはどんなものがある?!

よく用いられるIT業界用語の1つに、「サチる」があります。サチるはSaturateの意味で、飽和するを省力して動詞化した表現になります。データの処理が限界にたっしたので、これ以上速度を速めることはできないという状態や限界を超えた負荷によってシステムがストップした状態などを表します。またプロジェクト自体が終息に向かう時にも用いられており、その用いられ方は多義的であり耳にすることも多いでしょう。また「ホゲる」というIT用語も良く用いられています。Hoge はプログラミングする時に関数名などに用いられる表現であり、この言葉自体に特に意味はなく、ここは任意の言葉に置き換えてもよいという時に用いられます。例えば書類を記入する時に記入例が山田太郎や山田花子になっていますがそのようなものなので特に気にする必要はないでしょう。

 

尻からなめるとはどういう意味?

IT業界用語の中には「尻からなめる」などの言葉もあります。この尻からなめるは連続したデータを順番に検索する時に用いる意味であり、最初のデータを上、最後のデータを下と表現する場合もあります。業界用語は、便利だとしてもあまり使いすぎてしまうと周囲も引いてしまいます。ほどほどにしておくべきです。IT用語をあまり知らないという職業柄の人の場合、話が通じなくなることもあるので注意が必要です。

 

日常業務でよく使われる用語とは?!

日常業務でよく使われる用語にはリスケやオンスケがあります。リスケスケジュールの意味であり、会議の予定、プロジェクターのスケジュール変更など行っています。オンスケはオンスケジュールの意味であり、スケジュールがきちんと進んでいるかをきちんと確認しなければなりません。進んでいない場合はタンポポのママさんも一緒に用いてみましょう。