シェアハウスの広がり

もともと企業が所有していた社員寮や社宅をシェアハウスに変えるという動きが首都圏で広がっているようです。最近のニュースで報じられていました。社員寮だったときは低い入居率だったのが、シェアハウスにしたことで満室になるケースも多いようです。このようにシェアハウスが広がるにつれて、設備もますます充実してきています。たとえば東京郊外のシェアハウスでは屋外にフットサル場や、テニスコートを設けているようです。これはかなりの充実度ですよね。

休日にシェアメイトとスポーツを通じて交流を深めることができる、良いですね~。ほかにもランニングマシンを備えたジム施設や、提携農家から直送された野菜を入居者が購入できるなどの付加サービスを提供しているシェアハウスもあるようです。これだけ付加サービスが充実してくると入居する側も、自分に合ったサービスが提供されるシェアハウスを選びたいと思うものではないでしょうか?サービスに応じてやはり値段も相応になってきますので、そこも注意して探すと良いでしょう。